見出し

新型コロナウイルス感染症についての本学からのお知らせを、今後はこのページに集約し、受験生、学生、教職員等に向けて発信していきます。現時点での最新の掲載情報は以下のとおりです。このページは随時更新していきますので、最新の情報をご確認ください。

1.東都リハビリテーション学院 新型コロナウイルス感染症対策 ガイドライン

東都リハビリテーション学院 新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン
2021年1月14日改定版/PDF形式
※今回の改定では、P8「新型コロナウイルス感染症に感染した場合等の登校再開について 」を追加しました。

現在は、レベル3 「警戒(高)」です。※今回の行動制限レベル改定は、2021年3月22日に行いました。
行動制限レベル行動指針施設利用
登校講義実技実習課外活動図書室自習室等
レベル4 緊急事態
登校不可
遠隔授業
遠隔授業
中止/代替
中止
利用不可
利用不可
レベル3 警戒(高)
一部登校
遠隔授業・対面授業
遠隔授業・対面授業
実習先と調整、困難な場合は学内実習等への代替
中止
利用不可
利用不可
レベル2 警戒(中)
分散登校
遠隔授業・対面授業
遠隔授業・対面授業
実習先と調整、困難な場合は学内実習等への代替
原則中止
一部利用可
一部利用可
レベル1 要注意
通常登校
対面授業
対面授業
実施
通常
通常
行動制限レベルの判断は、本校において検討・決定します。これに伴う具体的な措置・対応ならびに表中に記載のない項目に関する対応については、内容に応じて別途決定します。なお、行動制限レベルの設定および措置はあくまでも指針として示すものであり、状況を総合的に検討した上で、上記にない措置を判断することがあります。今後の状況に応じて、随時各項目の加筆修正を行う場合があります。

2.【在校生対象】新型コロナウイルス感染症に感染した場合/濃厚接触(疑い)の場合/体調不良の場合

新型コロナウイルス感染症に係る公欠の取扱いや対応については以下の通りです。
【一覧表】新型コロナウイルス感染症に係る公欠の取扱いや対応について

※詳細は以下より該当する【ケース】にお進みください。

【ケース1】新型コロナウイルス感染症に感染した場合の対応について

(1)公欠について

①公欠対象  対象
②公欠期間  医師が指示する出席停止期間

(2)必要な対応について ※以下の手順で進めてください。

①学生から担任に連絡してください。
クラス指定の連絡方法で担任に連絡してください。報告は症状が出現次第、昼夜を問わず24時間いつでも報告いただいて構いません(但し、担任からの折り返し連絡が平日9:00~18:00になる場合があります)。状況の詳細については②報告フォームにて報告しますので、例えば「2年の東都太郎です。体調不良のため本日欠席いたします。詳細はホームページの報告フォームに入力しましたのでご確認お願いします。」などとお知らせください。

②本校HP「報告フォーム」に回答してください。
本校ホームページ「報告フォーム」より詳細を入力して報告してください。情報を確認次第、担任から行動履歴等の確認の電話をします(基本、平日9:00-18:00とお考え下さい)。また、新型コロナウイルス感染症の感染拡大予防の観点やお子様の早期治癒に向けて、学生個人のみならずご家族の皆様へのご理解ご協力が必要であると考え、原田学科長から保護者にご連絡させていただきます。

③都度状況を報告してください。
療養中、医療機関や保健所から指示を受けたことや治癒の目途がついた場合、症状の変化など生じた場合、担任にて随時報告してください。

④医師から治癒の診断があれば登校できます。
医師から「治癒」の診断を受け、登校許可を得た日から登校可能となります。医師に本校所定「治癒・登校許可証明書」の記入をお願いしてください。あわせて、担任に「(例)2年の東都太郎です。本日1/29(火)、医師から治癒の診断と明日1/30(水)から登校許可をいただきました。明日1/30(水)から登校します。」などとお知らせください。

⑤登校前日14:00までに、メールにて書類(写真)を送信してください。
登校日の前日14:00までに「治癒・登校校許可証明書」を撮影し、メール(honda@toutoreha.ac.jp)にて添付し、送信してください。万が一、期日に間に合わない場合は予め、連絡(03-3468-4656 本多迄)し、書類をメールできる時間や状況を相談してください。

⑥登校初日9:30までに、書類提出してください。
登校初日9:00~9:30の時間帯に「治癒・登校許可証明書」を新校舎1階教員室(本多宛)に提出してください。

⑦登校初日に、欠席届を提出してください。
登校初日に「欠席届」を南校舎1階事務局に提出してください。欠席届は、南校舎1階事務局前、新校舎入口に設置しています。なお、提出がなければ「公欠」として対応できない場合がありますので、必ず速やかに提出してください。

【ケース2】新型コロナウイルス感染者との濃厚接触者と特定(疑い含む)された場合

(1)公欠について

①公欠対象  対象
②公欠期間  濃厚接触日(疑い含む)から登校再開前日まで

(2)必要な対応について ※以下の手順で進めてください。

①学生から担任に連絡、または担任から学生に連絡します。
学生が学校関係者以外との濃厚接触による場合は、学生からクラス指定の連絡方法にて担任に連絡してください。報告は症状が出現次第、昼夜を問わず24時間いつでも報告いただいて構いません(但し、担任からの折り返し連絡が平日9:00~18:00になる場合があります)。状況の詳細については②報告フォームにて報告しますので、例えば「2年の東都太郎です。目黒区保健所から連絡が入り、濃厚接触者と特定されましたので、本日欠席いたします。詳細はホームページの報告フォームに入力しましたのでご確認お願いします。」などとお知らせください。
また、本校関係者が陽性となり、その方の聴取により、濃厚接触疑いがある場合は、担任から学生に連絡します。

②本校HP「報告フォーム」に回答してください。
本校ホームページ「報告フォーム」より詳細を入力して報告してください。情報を確認次第、担任から行動履歴等の確認の電話をします(基本、平日9:00-18:00とお考え下さい)。また、新型コロナウイルス感染症の感染拡大予防の観点やお子様の早期治癒に向けて、学生個人のみならずご家族の皆様へのご理解ご協力が必要であると考え、原田学科長から保護者にご連絡させていただきます。

③自治体や医療機関の指示にしたがってください。
医療機関や保健所から受けた指示にしたがってください。

④都度状況を報告してください。
療養中、医療機関や保健所から指示を受けたことや治癒の目途がついた場合、症状の変化など生じた場合、担任に随時報告してください。

以下、「⑤-1」「⑤-2」の2つに分かれますので該当する方を参照ください。
⑤-1 医療機関を受診した結果が「検査対象外」となった場合、または検査した結果「感染が否定された」場合。
医療機関を受診した結果が「検査対象外」となった場合、または検査した結果「感染が否定された」場合、医師から登校再開について許可が得た日から登校可能となります。本校書式「新型コロナウイルス感染症に関連した報告書」を印刷・記入し、保護者に署名捺印をお願いしてください。あわせて、担任に「らくらく連絡網」にて例えば「2年の東都太郎です。本日1/29(火)、医師の検査結果により、感染が否定されました。明日1/30(水)から登校します。」などとお知らせください。

⑤-2 自治体から指示を受けられなかった場合。または医療機関から自宅待機を求められた場合。
最後に感染者と濃厚接触した日を0日とし、14日間は自宅待機とします。自宅待機期間に、コロナを想起させる症状が出現しなかった場合、登校可能となります。本校書式「新型コロナウイルス感染症に関連した報告書」を印刷・記入し、保護者に署名捺印をお願いしてください。あわせて、担任に「らくらく連絡網」にて例えば「2年の東都太郎です。本日1/29(火)で自宅待機15日が経過しました。この15日間、体調良好のため、明日1/30(水)から登校します。」などとお知らせください。

⑥登校前日14:00までに、メールにて書類(写真)を送信してください。

登校日の前日14:00までに、⑥-1の場合「新型コロナウイルス感染症に関連した報告書」と「受診を証明できるもの(例:診断書、陰性証明書、領収証等)」の2点、⑥-2の場合は「新型コロナウイルス感染症に関連した報告書」の1点を撮影し、メール(honda@toutoreha.ac.jp)にて写真を添付し、送信してください。万が一、期日に間に合わない場合は予め、連絡(03-3468-4656 本多迄)し、書類をメールできる時間や状況を相談してください。

⑦登校初日9:30までに、書類提出してください。
登校初日9:00~9:30の時間帯に、⑥-1の場合「新型コロナウイルス感染症に関連した報告書」「受診を証明できるもの(例:診断書、陰性証明書、領収証等)」の2点、⑥-2の場合は「新型コロナウイルス感染症に関連した報告書」の1点を撮影し、を新校舎1階教員室(本多宛)に提出してください。

⑧登校初日に、欠席届を提出してください。
登校初日に「欠席届」を南校舎1階事務局に提出してください。欠席届は、南校舎1階事務局前、新校舎入口に設置しています。なお、提出がなければ「公欠」として対応できない場合がありますので、必ず速やかに提出してください。

【ケース3】コロナを想起させる発熱や感冒症状が生じ、登校が制限された場合

(1)公欠について

①公欠対象  対象
②公欠期間  発症日から登校再開前日まで

(2)必要な対応について ※以下の手順で進めてください。

①学生から担任に連絡してください。
クラス指定の連絡方法にて担任に連絡してください。報告は症状が出現次第、昼夜を問わず24時間いつでも報告いただいて構いません(但し、担任からの折り返し連絡が平日9:00~18:00になる場合があります)。状況の詳細については②報告フォームにて報告しますので、例えば「2年の東都太郎です。体調不良のため本日欠席いたします。詳細はホームページの報告フォームに入力しましたのでご確認お願いします。」などとお知らせください。

②本校HP「報告フォーム」に回答してください。
本校ホームページ「報告フォーム」より詳細を入力して報告してください。情報を確認次第、担任から行動履歴等の確認の電話をします(基本、平日9:00-18:00とお考え下さい)。

③自治体や医療機関の指示にしたがってください。
医療機関や保健所から受けた指示にしたがってください。

④都度状況を報告してください。
療養中、医療機関や保健所から指示を受けたことや治癒の目途がついた場合、症状の変化など生じた場合、担任に随時報告してください。

以下、「⑤-1」「⑤-2」の2つに分かれますので該当する方を参照ください。
⑤-1 医療機関を受診した結果が「検査対象外」となった場合、または検査した結果「感染が否定された」場合。
医療機関を受診した結果が「検査対象外」となった場合、または検査した結果「感染が否定された」場合、医師から登校再開について許可が得た日から登校可能となります。本校書式「新型コロナウイルス感染症に関連した報告書」を印刷・記入し、保護者に署名捺印をお願いしてください。あわせて、担任に「(例)2年の東都太郎です。本日1/29(火)、医師から検査結果、感染が否定されました。明日1/30(水)から登校許可できるとのことでしたので、明日から登校します。」などとお知らせください。

⑤-2 自治体から指示を受けられなかった場合。または医療機関から自宅待機を求められた場合。
症状が出現してから最低5日間の自宅待機、かつ解熱や症状の消失から48時間以降経過した場合、登校可能となります。本校書式「新型コロナウイルス感染症に関連した報告書」を印刷・記入し、保護者に署名捺印をお願いしてください。あわせて、担任に「(例)2年の東都太郎です。本日1/29(火)で自宅待機5日が経過しました。この5日間、発熱もなく、症状も現れず体調良好のため、明日1/30(水)から登校します。」などとお知らせください。

⑥登校前日14:00までに、メールにて書類(写真)を送信してください。

登校日の前日14:00までに、⑥-1の場合「新型コロナウイルス感染症に関連した報告書」と「受診を証明できるもの(例:診断書、陰性証明書、領収証等)」の2点、⑥-2の場合は「新型コロナウイルス感染症に関連した報告書」の1点を撮影し、メール(honda@toutoreha.ac.jp)にて写真を添付し、送信してください。万が一、期日に間に合わない場合は予め、連絡(03-3468-4656 本多迄)し、書類をメールできる時間や状況を相談してください。

⑦登校初日9:30までに、書類提出してください。
登校初日9:00~9:30の時間帯に、⑥-1の場合「新型コロナウイルス感染症に関連した報告書」「受診を証明できるもの(例:診断書、陰性証明書、領収証等)」の2点、⑥-2の場合は「新型コロナウイルス感染症に関連した報告書」の1点を撮影し、を新校舎1階教員室(本多宛)に提出してください。

⑧登校初日に、欠席届を提出してください。

登校初日に「欠席届」を南校舎1階事務局に提出してください。欠席届は、南校舎1階事務局前、新校舎入口に設置しています。なお、提出がなければ「公欠」として対応できない場合がありますので、必ず速やかに提出してください。

【ケース4】軽微な感冒症状はあるがケース3に該当しない場合

(1)公欠について

①公欠対象  対象外
②公欠期間  なし

(2)必要な対応について ※以下の手順で進めてください。

①学生から担任に連絡してください。
担任が指定する方法で、担任まで連絡してください。報告は症状が出現次第、昼夜を問わず24時間いつでも報告いただいて構いません(但し、担任からの折り返し連絡が平日9:00~18:00になる場合があります)。「2年の東都太郎です。慢性的なアレルギー性鼻炎で鼻水が出ています。体温は起床時36.2℃、鼻水以外は特に問題ありません。ご指示いただけますようお願いします。」などとお知らせください。

②その後、担任の指示に従って対応してください。

※欠席した場合は、登校初日に欠席届を提出してください。
登校初日に「欠席届」を南校舎1階事務局に提出してください。欠席届は、南校舎1階事務局前、新校舎入口に設置しています。

新型コロナウイルス感染症関連 報告フォームについて

学生からの情報を正確に把握することを目的に、以下に該当する場合は「報告フォーム」にてお知らせください。

・新型コロナウイルス感染症に感染した場合
・感染者との濃厚接触者と特定された場合
・感染者と濃厚接触の疑いがある場合
・発熱や風邪症状(咳、鼻水、喉の痛み、息苦しさ、強いだるさ等)がある場合

受信後、回答を受けて、担任教員を含む本件に関連する教職員に情報共有いたします。
また、学校から学生ご本人や保護者様にご連絡させていただきます。

何卒よろしくお願い申し上げます。

体温体調管理アプリについて



本校では、新型コロナウイルス感染症感染予防対策の一環として、全在校生を対象に「体温体調アプリ」より毎日2回(起床時・就寝時)、体温と体調の入力をお願いしています。このアプリを利用することで、常にリアルタイムで在校生の体調把握できることや、在校生が各自の体調を一環して記録できること、さらには日々の体調管理への習慣につなげることが目的です。特に理学療法の技術習得には、直接、対象者に触れ、身体操作するなどの感覚や運動感覚の学習が重要です。そのためには、在校生・教職員が安心して授業できる環境をより一層の感染予防対策徹底を図ります。ご理解ご協力のほどお願いいたします。

1.アプリ概要
・名称  みんなの体調ノート株式会社ORSO
・内容  (参考)社内用みんなの体調ノート説明資料
・費用  不要(学校が負担)※パケット代等は自己負担

2.対象となる在校生

・本校在校生

3.体調管理アプリへの登録方法
体調管理アプリへの登録は以下の通りです。

Step 1
学校より送付した招待メール内URLから登録してください。
登録に利用したメールアドレスとパスワードを覚えておいてください。
※まずはWEB版から登録が必要になります。

Step 2
iOS/Androidのアプリ(無料)をインストールしてください。
アプリから登録したパスワード等にてログインしてください。

4.毎日の報告時間について
月曜~日曜、1日2回
起床時(基本、9:00までに入力してください)
就寝時(基本、22:00までに入力してください)

5.報告内容について
①体温
②健康状態(せき・くしゃみ、息苦しさ、鼻水・鼻つまり、喉の痛み、頭痛、下痢、倦怠感、味覚異常、嗅覚異常、その他)
③連絡事項

6.よくあるQ&A
Q.自分の情報は誰が閲覧できますか。
A.入力した本人は自分の情報を見ることができます。また教職員(限定)も閲覧できる設定にしています。他の在校生はあなたの情報を閲覧できません。

Q.万が一、入力を忘れた場合はどうしたら良いでしょうか。
A.まずは忘れないように習慣化しましょう。その上でやむを得ない理由で忘れた場合は、過去にさかのぼって入力することができます。

7.本件についてのお問い合わせ
何か分からないことがあればご連絡ください。

担当:本多
電話:03-3468-4656(平日9:00-18:00)
メール:honda@toutoreha.ac.jp(いつでも)
※件名「体調アプリの件」と明記してください。

在校生における新型コロナウイルス感染症にかかるQ&A(随時更新)

本校在校生を対象とした、新型コロナウイルス感染症関連について、実際に寄せられた相談や質問の一部をこちらに掲載いたします。
実際は状況等に応じての対応となることもありますので、あくまでもご参考としてご確認ください。(随時更新/修正します)

Q1.「治癒・登校許可証明書」はどうやって発行してもらうのでしょうか。
A.本校所定書式「治癒・登校許可証明書」を印刷し、医療機関に記入・捺印いただくようお願いしてください。新型コロナウイルス感染症は、学校保健安全法 第1種感染症に分類しており、登校許可には「医師による治癒証明」が必要となります。検査を依頼する際に、あらかじめ本書を記入していただける医療機関かご確認の上、受診してください。 

Q2.「濃厚接触者の疑いがある方」とはどのように決めるのでしょうか。

A.学校にて聴取した上で、厚生労働省が定めた定義に準じた状況にあるが、保健所から濃厚接触者の確定がされていない学生とします。
 ご参考「厚生労働省/新型コロナウイルスに関するQ&A」

Q3.出席停止により、試験を受けられない場合、進級や卒業への不利益はありますか。
A.詳細に関しては、学生専用ページ(要パス)より各学年ページに進み、「定期試験の受け方」「卒業試験の受け方」をご参照ください。

Q4.「出席停止期間」は外出できないのでしょうか。
A.私たちには、世界中で蔓延している新型コロナウイルス感染症の感染拡大予防の徹底に努めることが求められていますので、出席停止期間中の不要不急の外出は謹んでください。但し、生命の維持に影響を及ぼす可能性がある場合はこの限りではありません。

Q5.なぜ保護者に連絡するのでしょうか。
A.在校生から新型コロナウイルス感染症陽性者・濃厚接触者と特定された方(疑い含む)の場合、学校より保護者の皆様にご連絡をさせていただいております。このことは、新型コロナウイルス感染症の感染拡大予防の観点やお子様の早期治癒に向けて、学生個人のみならずご家族の皆様へのご理解ご協力が必要不可欠であると考えております。

Q6.保健所から濃厚接触者と特定され、14日間を経過していないが、PCR検査にて「陰性判定」が出ました。この場合、登校は許可されますか。
A.はい、登校が許可されます。但し、陰性であることが証明できる書類(陰性証明書)と共に、本校所定「新型コロナウイルス感染症に関連した報告書」の提出が必要となります。


3.来校される皆さまへのお知らせとお願い

新型コロナウィルス感染症の予防・対策にあたり、来校される皆さまにおかれましては、下記についてご理解ご協力をお願い申し上げます。
  1. 37.5度以上の発熱、強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある場合は来校をご遠慮ください。
  2. 来校する場合は、マスクを着用の上、入館の際には備え付けのアルコール消毒液で手指を消毒してください。
  3. 風邪症状が見受けられる方には、マスクの着用や検温をお願いする場合があります。37.5度以上の発熱が確認された時は入館を見合わせていただきますようお願いします。

4.在校生へのお知らせ

【4年生対象】就職活動への対応について

本校ホームページ上に求人一覧の閲覧(要パスワード認証/パスワードは別途連絡網にてお伝えします)ができるようにしました。本校ホームページ「求人一覧」より、求人票詳細を希望する施設がありましたら、お問い合わせフォームまで、件名「求人票閲覧依頼(学生名)」とし、本文に「学籍番号・学生氏名・希望する求人№・施設名」を明記ください。なお、本情報は「EメールにPDF形式を添付」してのご案内となりますので、PDFファイルが閲覧できるメールをお知らせください。出来る限り迅速に対応いたしますが、もし送信後24時間経って返答がない場合は電話(03-3468-4656)ください。



【全学生対象】手洗いについて

新型コロナウイルス感染症の予防対策の一環として手洗いを慣行してください。流水にて30秒以上の手洗いが有効とされています。「衛生学的手洗い」についての資料を参照してください。




【全学生対象】推奨資料

新型コロナウイルス感染症対策について:東京都医師会 (2020/4/10)
【重要/周知】「感染リスクが高まる5つの場面」新型コロナウイルス感染症対策分科会提言(2020/11/26)

5.奨学金関係のお知らせ

(1)新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金についてのご案内 (2021/1/14)  

※休業対象期間および申請期間が延長となりました。
新型コロナウイルス感染症の影響によるアルバイト休業の際等に新たに受けられる支援として、令和2年6月12日付けで「新型コロナウイルス感染症等の影響に対応するための雇用保険法の臨時特例等に関する法律」(令和2年法律第54号)が公布・施行されたことにより、「新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金」が創設され、令和2年7月10日より申請の受付が開始されました。
新型コロナウイルス感染症及びそのまん延防止の措置の影響により休業させられた中小企業の労働者のうち、休業中に賃金(休業手当)を受けることができなかった場合に、当該労働者から申請することで受けられる支援です。この制度は学生アルバイトについても対象となっています。

【制度概要】
主に以下2つの条件に当てはまる方に、休業前賃金の8割(日額上限11,000円)を、休業実績に応じて支給します。
①令和2年4月1日から令和3年2月28日までの間に、事業主の指示により休業した中小事業主に雇用される労働者
②その休業に対する賃金(休業手当)を受けることができない方
※詳細は厚生労働省ホームページに掲載されている給付金Q&A等をご確認ください。

制度の詳細・申請方法については、厚生労働省ホームページをご確認ください。
新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金(厚生労働省ホームページ)
(概要)新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金(厚生労働省ホームペ ージ)
(労働者・事業主の皆さまへ)新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金のご案内(厚生労働省ホームページ)
【追加】新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金の対象期間の延長・申請期限についてお知らせします(厚生労働省ホームページ)
【追加】新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金の支給に当たり、事業主の皆さまのご協力をお願いします/新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金の対象となる「休業」についてお知らせします(厚生労働省ホームページ)



(2)[全学年共通]各種奨学金申込みについて

現在、受付可能な各種奨学金です。
申請方法が”各自”となっているものに関しては、各自で申請書等を請求してください。

〇日本学生支援機構「緊急特別無利子貸与型奨学金」(2021/2/2) 
新型コロナウイルス感染症拡大の影響によりアルバイト収入等が大幅に減少した学生等を対象として、「緊急特別無利子貸与型奨学金」の募集を行います。
本奨学金は、第二種奨学金(有利子)制度を活用しつつ利子分を国が補填し、実質無利子にて貸与されるものです。
対象学年全学年
対象者の要件以下の要件を全て満たすことが必要。
①第二種奨学金の基準(人物・学力・家計)を満たしていること
②推薦時において、第二種奨学金の貸与を受けていないこと
③家庭からの多額の仕送りを受けていないこと(仕送り額が年間150万円以上ではないこと)
④生活費・学費に占めるアルバイト収入の占める割合が高いこと
⑤学生等本人にアルバイト収入について、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により大幅に減少(新型コロナウイルス感染症拡大前より50%以上減少)したこと
貸与始期令和3年1月
貸与終期令和3年3月までの貸与(令和2年度限りの貸与となります)
貸与月額2~12万円の間(1万円単位で選択)
申請期限令和3年2月10日(水)18時 
申請希望者は、本校事務局奨学金担当までご連絡ください。
電話:03-3468-4656(平日:9時~18時)


6.関連情報ホームページ

7.新型コロナウイルス感染症電話相談窓口

国内および世界各地で流行している新型コロナウイルス感染症が疑われる場合、かかりつけ医など地域の医療機関へ電話で相談してください。かかりつけ医など地域の医療機関が見つからない場合は、下記へ電話で相談してください。

(1)東京都(参考URL
①東京都発熱相談センター
受付時間 24時間対応(土曜・日曜・祝日含む)
電話番号 03-5320-4592
対応内容 発熱等の症状がある場合

②新型コロナウイルス コールセンター
受付時間 午前9時から午後9時まで(土曜、日曜、祝日を含む)
電話番号 0570-550-571
対応内容 感染症の予防に関することや、心配な症状が出た時の対応など、新型コロナウイルス感染症に関する相談

③新型コロナウイルス感染症にかかる相談窓口
こちらをクリックしてください(外部サイトへリンク)
※新型コロナウイルス感染症に関する一般的な相談は、 最寄りの保健所でも対応しています。

(2)神奈川県(参考URL
①神奈川県発熱等予約センター
受付時間 午前9時から午後9時まで(無休)
電話番号 0570-048-914
     ※上記番号につながらない場合は045-285-1015
対象者  発熱・咳・咽頭痛のいずれかの症状のある方

②新型コロナウイルス感染症専用ダイヤル
受付時間 24時間(無休)
電話番号 0570-056-774
     ※上記番号につながらない場合は045-285-0536
対応内容 感染の不安のある方、健康・医療に関すること、濃厚接触者に関すること等
     → 音声案内[1]を選択してください。

(3)埼玉県(参考URL
①埼玉県受診・相談センター
受付時間 午前9時から午後5時30分(月曜~土曜/祝日含む)
電話番号 048-762-8026
対応内容 受診先の確認や医療機関を受診すべきか迷う場合などの対応の相談

②埼玉県新型コロナウイルス感染症県民サポートセンター
受付時間 24時間・年中無休
電話番号 0570-783-770
対応内容 受診先の確認ほか、一般的な相談

(4)千葉県(参考URL
①千葉県発熱相談コールセンター
受付時間 24時間・土日祝日含む
電話番号 03-6747-8414
対応内容 発熱した際に受診できる医療機関の紹介(千葉県発熱相談コールセンター)、新型コロナウイルス感染症に関する相談、感染の予防に関すること、心配な症状が出た時の対応など

②千葉市、船橋市、柏市にお住まいの場合
千葉市、船橋市、柏市にお住まいの方は、市の相談窓口に、直接、ご相談ください。
(相談時間、相談内容の対象については、それぞれのホームページをご確認ください)

千葉市(新型コロナウイルス感染症相談センター)
電話番号:043-238-9966

船橋市(新型コロナウイルス感染症相談センター)
電話番号:047-409-3127

柏市(受診相談センター)
電話番号:04-7167-6777

8.本件に関するお問い合わせ

専門学校 東都リハビリテーション学院
〒153-0044
東京都目黒区大橋2-4-2
TEL 03-3468-4656
Email touto@toutoreha.ac.jp