理学療法士とは

サンプル画像
リハビリテーションでは主として理学療法士・作業療法士・言語聴覚士がチームとなり、医師の指示のもと各自の役割を担っています。理学療法士(Physical Therapist)は、運動療法や徒手的療法、物理療法を用いて、失われた身体の機能を回復させる「身体づくり」と「生活活動」の専門家です。主な仕事は、身体と心の両面の機能回復、維持、予防を目的としたリハビリテーションです。また、日常生活を改善するための指導や、社会生活のための福祉用具、住宅環境、在宅ケアの調整なども含まれます。近年では、生活習慣病予防、転倒予防、介護予防などの分野、さらにはスポーツ選手の怪我予防や福祉分野への関わりも重要なリハビリテーションとして位置づけられてきております。

リハビリテーションの対象となる人は乳幼児から高齢者と幅広く、理学療法士の活躍するフィールドは、医療・福祉・スポーツ・教育などさまざまな分野に広がり、さらには高齢化社会や健康志向のためにスポーツを行う人が増え、理学療法士一人一人に豊富な知識と技術、さらに豊かな人間性が求められます。学生が卒業後、どのような分野に就職しても即戦力となるよう知識と技術を教えております。人間性豊かな理学療法士になりましょう!

理学療法士の仕事内容の一例

理学療法士は、怪我や病気から起こる障がいの機能回復はもちろん、医療・保健・介護保険・行政・福祉・スポーツ・研究開発といった領域でその技術を発揮し、人生のあらゆる場面をサポートすべく活躍しています。

  • 起き上がる、立つ、歩くなどの基本動作能力の改善を行います。
  • 生きがいのある自立した生活が送れるようにサポートします。
  • 予防や治療を目的として、正しい動きの学習の指導を行います。
  • 各種検査を用いて個々の身体機能や痛みの評価、分析を行います。
  • 痛みや麻痺の回復のために物理療法を行います。
  • 最適な治療と予防のための理学療法プログラムを作成します。

理学療法士になるには

サンプル画像
理学療法士国家試験の受験資格を得るためには、理学療法士養成校を卒業しなければなりません。 本学科を卒業すると、理学療法士国家試験受験資格が得られます。理学療法士国家試験に合格すると、理学療法士となります。

国家資格「理学療法士」について

サンプル画像
本校 95.5%
全国 82.6%
※ 過去5年(2013~2017年度)の合格率平均


理学療法士国家試験において、過去5年(2013~2017年度)の国家試験合格率によると、全国平均82.6%に対して、当校は95.5%と大幅に上回っています。これまでの理学療法士教育を基盤に、更に高度な教育と研究を通して、社会に貢献できる質の高い理学療法士を養成していくことを目指します。本校は基礎分野から専門分野まで充実したカリキュラムと講師による出題傾向を分析した国家試験対策講義をおこない、万全の状態で挑みます。