学部・学科

理学療法学科

授業、学校行事、クラブ活動、放課後.....
すべて理学療法士として豊かな人間性を育む大切な経験!

昼間部の学生は、高校の新卒者が多く、10代後半~20代前半といった若い年齢の学生が在籍しており、イベントなどを通して楽しい雰囲気の中で学生生活を過ごします。勉強面ではグループで勉強する事が多く、学生同士で理解するまで取り組み、講義への理解を深める事が多いです。放課後は時間に余裕があるため、部活動に積極的に参加して、各種大会で優秀な成績をあげる学生もいます。
参考:1週間の時間割(3年生)
MONTUEWEDTHUFRI
1限目【9:30~11:00】
動作分析学Ⅰ
神経内科学Ⅱ
疾患別理学療法Ⅰ
(整形外科、スポーツ)
物理療法学Ⅱ
疾患別理学療法Ⅷ
(脊髄損傷)
2限目【11:10~12:40】
昼休み【12:40~13:40】
3限目【13:40~15:10】
疾患別理学療法Ⅲ
(中枢疾患)
整形外科学Ⅲ
精神医学
内科学Ⅱ
義肢学
4限目【15:20~16:50】

特徴

1.指定単位数の約1.5倍、豊富なカリキュラム

特徴1
1部のカリキュラムは厚生労働省が指定する単位数の約1.5倍の授業時間数と豊富です。そのため、より丁寧に理解度を深めるよう、授業展開しております。
特に基礎医学分野である解剖学や生理学においては、医学博士をもつ経験豊富な講師が常勤として従事し、医療人として基礎を丁寧に教えています。
また専門分野においても実技を多く取り入れるようなカリキュラムを組んでいます。

2.学校行事やクラブ活動が充実!

特徴2
本校は、学業だけにとどまらず、社会性や協調性などの人間性の育成に力を入れています。その一環として、多くの学校行事をカリキュラムに取り入れています。学校行事の楽しい雰囲気や達成感が学生生活において良い刺激となっているようです。クラブ活動では、適度な運動機会と他学年との交流などにおいても良い機会となっています。学ぶ時は学び、遊ぶ時は遊ぶというメリハリをもち、充実した学生生活を送っています。

3.1年次から医療現場で実習を経験!

特徴2
1年生の最後には医療現場で見学実習を実施します。1年生で学んだ医学の基礎知識により、これまで患者としてみていた治療現場を新しい視点でみることができるでしょう。実際の理学療法士の活躍を肌で感じることができるはずです。
2年生では、地域に根付いた医療現場を見学する「地域リハビリテーション実習」があります。現在の医療は地域の連携が重要です。そのため早い段階で地域医療の意識付けを行います。
後半の2年間で理学療法に関する技術を本格的に学んでいきます。臨床実習としては、3年生で評価実習、4年生で総合臨床実習と段階的に参加して技術を磨いていきます。
学校の教員も実習に向けた指導や準備、さらに実習中の支援を徹底することをお約束します。