卒業生の声

私市 直人 先生
医療法人社団 博聖会 広尾整形外科 理学療法士
東都リハビリテーション学院2017年度卒業


メリハリをもつこと、
そして努力を継続すること。


高校の時は野球に専念していたため、勉強に対する不安が募り、専門学校入学とともに勉強に専念することを決めていました。人のためになり、スポーツに関われる仕事に就きたいと思い、理学療法士を志しました。学生生活は友人と医学について真剣に学び、真剣に遊び、メリハリのある生活を送ることが出来ました。
また、放課後は授業の復習やフィットネスクラブでのアルバイト、理学療法士を対象とする研修会へ積極的に参加し、充実した時間を過ごすことが出来ました。
卒業後はクリニックにて理学療法士として勤務し、人に感謝される喜びをやりがいに働いています。
また、休日を利用し、母校の野球部へのトレーナー活動やスポーツボランティア等、興味のある分野に打ち込み、日々の臨床における理学療法士のスキルアップに努めています。専門学校で学んだ、メリハリをしっかりもつこと、そして努力を継続することの大切さが社会人になっても活かされています。

岩佐 七海 先生
医療法人社団 博聖会 広尾整形外科 理学療法士
東都リハビリテーション学院2016年度卒業


実際に臨床現場に直結するように、
分かりやすく教えてくださり、
いまでもその知識が現場で役立ちます。

選手として取り組んでいたバスケットボール、高校になると更にハードな練習になり、周りのチームメイトにも怪我が増えました。そのため、友達から理学療法士の存在を知りましたが「イケメンで格好良い人が多い!」と聞いており、すごく気になっていました(笑)。学生時代、印象に残ったのは、授業全てが勉強になりましたが、特に小関学院長による『機能解剖学』の講義です。学院長は整形外科医であるため、ただ知識を教えるのではなく、座学での勉強が臨床現場に直結するイメージを持たせて教えてくださるのでとても分かりやすく、今でもしっかり活かすことが出来ます。4年間の学生生活はしっかりメリハリをもち、遊びも勉強も充実させた方が良いと思います。
理学療法士になって印象強いエピソードは、『手術するしかない』と思い悩まれていた患者様のリハビリを担当したのですが、みるみる機能回復し、手術しなくて良いことになりました。その時の患者様のとびっきりの笑顔がとても印象的でした。理学療法士として、たくさんのスタッフに支えられ、こつこつと成長出来ています。
景山 雅大 先生
医療法人社団 博聖会 広尾整形外科 理学療法士
東都リハビリテーション学院2017年度卒業


学校行事やクラブ活動で
先輩・後輩とつながり、
人間関係も充実しました。

東都リハビリテーション学院では、勉学面においては、現在も理学療法士として第一線でご活躍されている先生方をはじめとし、豊富な経験をもつ先生方による授業のため、たくさんの知識や技術を得ることが出来ました。座学のみならず、実技の授業では触診技術も磨くことが出来ました。
また、学校行事やクラブ活動も充実しており、楽しい学生生活を送ることが出来ると思います。学校行事やクラブ活動を通じて先輩や後輩とのつながりも築けるので、人間関係も充実できます。わたしはバレーボール部と野球部に所属していましたが、「みんなで楽しもう!」をモットーに、練習だけではなく大会に出場する経験も出来ました。わたしの印象では東都リハビリテーション学院には高校時代、運動部に所属していた学生が多く、どの部活も活気のある活動をしていました。
このような経験は、東都リハビリテーション学院を卒業して理学療法士になっても活かされていると思います。