卒業生の声

理学療法学科1部卒業生(昼間部)

サンプル画像1
「ありがとう」という言葉の重さに涙が出そうになる時もあります。

平山 哲郎 さん
医療法人社団 博聖会 広尾整形外科

▶【PROFILE】
東海大学体育学部体育学科卒業後、専門学校東都リハビリテーション学院に入学。
卒業後、広尾整形外科に就職し、現在に至る。

大学で体育学部に在籍していたこともあり、スポーツの怪我で苦しみながらも一生懸命リハビリする人をたくさん見てきました。自分にも何かできることはないかと思い、人の身体を理解する専門家でもある理学療法士になりたいと思うようになりました。臨床に役立つ知識・技術に加え、豊かな社会性やコミュニケーション能力など、学校で得たスキルを活かすことで頂ける感謝の言葉に、日々感動しています。
サンプル画像1
理学療法士は、常に目標をもつことで前進し続けられる職業です。

山田 果帆子 さん
医療法人社団 博聖会 広尾整形外科 リハビリテーション科

▶【PROFILE】
私立麹町女子高等学校卒業。高校時代は新体操部にて活躍するも怪我に悩まされながらの日々。そこに出会った理学療法士に憧れを抱き、決意。

高校時代、新体操部の活動中に身体を壊して大会を諦める仲間を見て、”自分に出来る事はないか”との想いから理学療法士を志しました。理学療法士として臨床に出てみると責任感が生じ、日々成長できる機会をいただいています。この職業は、常に目標を持つことで前進し続けられる職業だと思います。学生生活で培ったON OFFの切り替えを上手く利用し、患者様に信頼して頂ける様な理学療法士になれるよう努めていきます。
サンプル画像1
リハビリ担当した高校生アメフト選手が復帰後、大会で見事MVPに。

濱田 夏世 さん
医療法人社団 博聖会 広尾整形外科 リハビリテーション科

▶【PROFILE】
神奈川県立弥栄東高校卒業。医療従事者である家族の影響もあり、身近な人を助けたいという想いから理学療法士を目指して、現在に至る。

元々、人と接することが好きなこともあり、また家族全員が医療従事者という影響もあり、理学療法士を志しました。人の悩みに協力したり、人の喜びを共有することにやりがいを感じています。私が担当する患者様で、アメフトの怪我で来院した高校選手が、復帰して大会に出場し見事MVPを獲得し、とても感激しました。東都は友達同士、深く仲良くなれる雰囲気があり、勉強などでも良い刺激になります。卒業した今でも大切な仲間です。

理学療法学科2部卒業生(夜間部)

サンプル画像1
親身なサポートと充実した実践授業。安心して自分の未来と向き合えます。

石谷 勇人 さん
医療法人社団 紺整会 船橋整形外科病院 リハビリテ-ション科

▶【PROFILE】
東都リハビリテーション学院(夜間部)を卒業後、医療法人社団紺整会 船橋整形外科病院に就職。理学療法士として活躍する。

働きながらの通学は、本当に大変でしたが、それ以上に同じ夢を持つ仲間や先生方の支えがあり、充実した四年間を過ごすことができました。また、授業だけでなく、就職活動の際にも、生徒一人ひとりの適性に応じた病院を紹介して下さり、親身になって相談にのってくださったので、とても安心して就職活動が行えました。これから入学される方々は、不安もあるとは思いますが、仲間や先生方の支えがあるので安心して入学して下さい。
サンプル画像1
常に意識を高く、常に学びつつ、チャンスに備える習慣を。

阿部 実智信 さん
AR-ex 尾山台整形外科 リハビリテーション科

▶【PROFILE】
プロのサッカー選手への憧れを抱きつつ、一般企業に入社。選手を支えるスポーツ業界の理学療法士を目指し、本校へ入学。

サラリーマン時代、いつかはプロサッカー選手になりたいという夢を持っていました。東都の授業は、トレーニングをしてきたこともあり、身体に関する勉強は新しい発見も多く面白かったです。卒業後は都内の整形外科クリニックに内定をいただき勤務していたところ、世界で活躍するサッカー松井大輔選手のトレーナー活動を知人に打診され、ヨーロッパで活動していました。現在はクリニックに戻り、外来・入院の患者様を診させて頂きながら、J2東京ベルディのトップチームのトレーナーとして活動しております。
サンプル画像1
熱く優しい先生方に感謝。卒業後も月に1度は学校に遊びに来ています

後藤 諭美 さん
医療法人財団 報徳会 西湘病院 リハビリテーション科

▶【PROFILE】
大学職員や派遣社員を経て、青年海外協力隊として2年間モンゴルへ。様々な経験と出会いをきっかけに理学療法士を目指す。

在学中は勉強が大変というより、知識が身につくことを楽しいと思い始め、分からないことを質問すると熱心に答えて頂ける先生ばかりでした。おかげで先生と話すことが楽しく、いつの間にか用がなくても毎日のように教員室に顔を出していました。これは卒業した現在も同様で、都心に出るときは学校に寄り、先生方に近況報告をしています。患者様のためにも東都の先生方への恩返しとしても、いつまでも謙虚な気持ちを忘れずに頑張ります。