学校案内

先駆者としての責任を果たしてきた!
東都リハビリテーション学院は、そんな専門学校です。


本校は、東京都で初めての4年制 理学療法士養成の専門学校です。
養成校のパイオニアとして、経験豊富な講師陣が英知を結集し、将来社会に貢献できる理学療法士を育成します。

沿革

東都リハビリテーション学院のあゆみ
1970年各種学校東京身体均整学院設立
1976年専修学校法施行により専修学校医療分野の専門学校となる
1987年学校法人小関学院設立許可となる
1991年厚生大臣認定事業、健康運動実践指導者養成校として認定される
1992年本校創立者 小関勝美初代理事長急逝、小関博久現理事長が後任となる
1996年理学療法学科を併設し、専門学校 東都リハビリテーション学院と改名
1997年スポーツトレーナー学科を新設
1998年(財)日本体育協会公認アスレティックトレーナー講習会免除適応校に認定される
1999年スポーツトレーナー学科をアスレティックトレーナー学科へ改称
2002年理学療法学科2部(夜間部) 開設
2004年理学療法学科1部(昼間部) 増員

東都リハビリテーション学院の特徴

1.みんなで合格!万全の国家試験対策。
本校では基礎分野から専門分野まで充実したカリキュラムと、国家試験の出題傾向を分析して対策などを行い、国家試験に合格できるよう、万全なバックアップを行っております。

2.夢を選べる!1,691件の求人。
関東圏を中心に1年間で1,691件もの求人が全国から寄せられ、学生が閲覧しやすいよう求人コーナーを設けております。就職率100%だから理想通りの進路を実現できます。

3.近場で実習!関東圏を中心とする実習施設。
学生の負担を少しでも軽減できるよう、関東を中心に306件もの実習施設と提携しております。実習中の担当教員によるフォローもしっかりと行っています。

4.イベント盛りだくさん!充実した学生生活。
スポーツ関連の楽しい授業や行事、スポーツ系のクラブ活動が盛んに行われています。様々なスポーツやイベントを通じて学年を超えた交流を深め、充実した学生生活が送れます。

5.渋谷から近い!最高のロケーション。
様々な路線が集う渋谷駅から徒歩圏!だから遠方からの通学にも便利です。また、夜間部の学生から仕事帰りに通いやすいとの声が多数寄せられています。

6.余裕をもって通学!授業開始は9:30から。
他校に比べて、授業の開始時間が遅いため、通学通勤で一番混雑する時間をさけることが出来ます。また、それにより学生が遠方からでも余裕をもって通学ができます。

学院長 挨拶

期待のエキスパート、理学療法士を育成します。

リハビリテーション医療は、「後療法」から「急性期より積極的に行う医療」へと変身を遂げてまいりました。 今日では、第一線の医療機関における早期リハビリテーションの現場は勿論のこと、高次救命救急センターにまでも理学療法士の需要が拡がってきております。

また、医療技術の進歩により我が国は世界的長寿国になりましたが、一方では世界に類を見ない高齢社会の到来を招いています。 それとともに、障害を残したままの生活を余儀なくされている老人も増加しており、これら障害を持った方と生活を共にする家庭の社会的負担もまた大きくなっております。 このように障害者をとりまく環境が多様化し、多くの社会問題となっている今日では、専門知識や技術のみならず、障害者や家族の問題を正面から受けとめられ る豊かな人間性を持ち、医療から福祉の分野にかけて幅広く活躍できる専門従事者が待望されております。 本校理学療法学科では、このような社会のニーズに応えることができる理学療法士の養成を目標としています。

どんなに医学や科学が進歩しても、人間を対象とする職業では、豊かな人間性が最も重要であると考えます。 本校では、豊富な知識や技術の習得だけでなく人々の健康や幸福を願う気持ちを持つことができる理学療法士の育成を目指しています。

専門学校 東都リハビリテーション学院 学院長
医学博士 小関 博久

理学療法士国家試験の高い合格率

東日本 理学療法士養成校 偏差値ランキング3位!

看護・医療学校ガイド2015年度用(晶文社)の理学療法士養成校における入試難易度予想データ(東京アカデミー調べ)が発表されました。
偏差値はⅠ部56.0(東日本3位)、Ⅱ部54.0(東日本9位)という結果となり、両者ともランキングのトップクラスに入ることができました。
高い合格率