学校案内

学院長 挨拶

理学療法士は医療人であります。そして医療人には適性があると思います。
我々の考える医療人の適性とは、ひとに喜んでもらうことが好きであるということです。さらに「人の役に立ちたい。困っている人を助けたい。」と願う気持ちを強く持つことが最も重要と考えております。
他人に喜んでもらうことで自分が幸せを感じるのであれば、自分も幸福な人生を歩むことができます。そして、病気や怪我あるいは障害で困っている人々の期待に応えられれば人々から必要とされる人間になります。
このような適性を有する人が豊富な医学知識と医療技術を身につけることが医療人として理想的であります。
臨床に携わる医療人はコンピュターなどの機器が相手ではなくて人を対象とする仕事であります。病気や怪我やその障害で困っている人が相手となりますので、十分なコミュニケ――ションをとって信頼を得ないと医療の良好な結果は出ないと考えています。コミュニケーションは、まず挨拶から始まります。明快な挨拶から始まらなければ良好な信頼関係を築くのに時間がかかります。
さらに正しい言葉使いと礼節のある態度で接しなければ患者さんの不安感を取り除くことは難しくなります。
そして、医療人には協調性が重要であろうと思われます。現代の医療はチーム医療であり、このチーム医療を円滑に行うには協調性チームワークが必要です。

医療人は医学を学ばなければなりませんが、医学は高尚な学問ではありません。人類が病気・怪我・障害と闘うための技術論です。学問として難しいものではなく理解することは容易です。しかし、科学の発展とともに日々進歩する医学は情報量が膨大であるため、身につけるには高いモチベーションの維持が必要です。目標設定時のモチベーションを維持できれば習得は十分可能です。モチベーションを何年も高く維持することは難しいですが、医療の世界で生きるには必要であります。
自分のためにはあまりがんばれないが、他人のためならがんばれるという人は、自分を必要としている人、つまり患者さんのことを考えるとモチベーションは高くなります。結局、これは適性に関わってくることです。

医療人は使命感や責任感などの人間性が求められる職業です。
現在も、新型コロナウイルス感染者が増加する医療現場では医療人が使命感と責任感で踏ん張っています。差別される風潮の中でも、新型コロナウイルス感染COVID-19に対する恐怖に対して勇気を持って立ち向かっています。
感染防御知識と対策、そして勇気を持って立ち向かう使命感と責任感が求められます。

このように医療人は病気・怪我・障害で苦しんでいる人を相手にして、苦しみから解放するための医学知識や技術と人間性を持つべき職業であります。本校では、豊富な医学知識と技術だけではなく、人々の健康と幸福を願う気持ちを持つことができる理学療法士の育成をめざしています。
専門学校 東都リハビリテーション学院
日本整形外科学会 専門医・医学博士
学院長 小 関 博 久